債務整理を行った後で、住宅ローンの仮審査

債務整理を行った後で、住宅ローンの仮審査を銀行で申し込むとどうなるか利用できなくなります。
債務整理を申請してしまうと、お金を借りることができなくなって、信用情報にも記載されてしまいます。

利用したいと思った場合でも当分の間、待ってください。個人再生とは債務整理の一つで借金を減らしてその後の返済を楽にするというものであります。これをする事によって多くの人の生活が楽になっているという実例があります。昔、私もこの債務整理をしたことにより助けられました。債務整理の手続きは複雑で時間がかかるものなので、すべての手続きが終了するまで、数ヶ月はかかります。けれども、債務整理の期間中は債務の金利や延滞損害金が発生することはありません。
なお、個人再生や任意整理の手続きを取った場合は、まだ返済可能だと判断された債務が残っています。この返済分については、利息がつくことはありませんが、もし、返済期日に間に合わなくなると、延滞損害金と一緒に請求され、一度にすべての支払いを求められるケースもあるので十分注意しておきましょう。
多重債務などで債務整理をした場合、金融事故歴アリのブラックとしてJICCやCICといった信用情報機関に登録されます。なお、この期間ですが、JICCの場合、債務整理の種類に関係なく、約5年ほど記録が残ります。

また、CICでは債務整理の方法によって期間が変わり、自己破産ならば約5年、その他の債務整理の場合は情報は登録されないようです。いずれにしても、信用情報機関に登録されている期間はキャッシングが利用できないといった問題があります。もし債務整理をしたとしても、その影響が身内にまで及ぶことは殆どありません。身内の中に借金がかさんで債務整理をしたという人がいても、ブラックになるのは本人に限った話ですから、家族は今までのように、ローンを組んだりクレジットカードを利用することも問題ありません。
けれども、注意しておきたいのは、家族の中に保証人がいるという場合は、その家族が返済義務を負うことになってしまうでしょう。債務整理と名のつくものは自己破産であれ任意整理であれ債務者自身ができないこともありませんが、現実には無理だとしか言えません。
仮に任意整理を自分でしようと思っても、借りた側が貸した側に借金の減額を求めるのですから、拒絶は目に見えていますし、債務が大幅に減る個人再生の場合も裁判所が認めてくれるよう、申立書も再生計画なども自分で工夫して書かなければならないのです。また、自己破産は免責決定を受けなければ意味がないのですが、素人の作成した書類がはたして通るでしょうか。

債務整理で時間がかかりすぎると提訴されることもありますし、ここはやはり弁護士などの専門家を頼るのがもっとも確実です。強制執行で給料の一部を差し押さえられている場合、差押えをしている債権者を含む債務整理をすると、今まで続いていた差し押さえはピタッと解除されるのですが、必ずしもそうとは限りません。裁判所を通さない任意整理を行った場合は手続きに着手しても差し押さえが停止されることはないため、給料は差し押さえられたままになります。和解交渉を急いで行い、差し押さえをやめてもらわなければ日々の生活にも困るようになります。個人再生や任意整理を行う際は継続した収入があるのが前提ですが、もし生活保護を受けている場合はこれらの手続きはできませんから気をつけてください。

本来、生活保護費というのは最低限の生活を保障するためのものですから、理由はどうあれ生活保護費を借金返済に充ててしまったら、保護費支給の取りやめというケースも過去にはあるのです。

そういうわけで、生活保護費の支給を受けている間に債務整理するとしたら、とれる手段は自己破産だけと覚えておきましょう。

私は個人再生としたおかげで、家のローンの返済がとても軽減されました。それまでは毎月支払うのが厳しかったのですが、個人再生で立ち直ることができたお陰ではるかに返済金額が少なくなり、伸び伸びと生活していけるようになりました。遠慮せず弁護士に相談してみて良かったと嬉しく思います。
任意整理を行う場合、特定の債権者を債務整理の対象から外して債務を処分できます。なので、お持ちの携帯電話会社を債務整理の対象から外しておけば、携帯電話を解約せずに済みます。

特に制限なく新規の契約や機種変更も行えるのですが、ローンは組めませんから、機種代は購入時に一括で払わなければなりません。でも、過去に携帯電話の料金を払わずにいた場合、そもそも契約自体ができないでしょう。
弁護士 無料相談 電話 借金